1から始める釣りガイド

釣り竿の選び方

初心者のための釣り竿選び

釣りの基本はまず竿選びですが、初心者にとってはどれも似たようなものに見えてしまうものです。
そこで、店に行く前に、選び方のポイントを知っておく必要があります。
まず、最初にチェックすべきは、魚がかかった時に竿がどこから曲がるかです。
穂先3分目ぐらいから曲がるものを七三調といい、これが一番標準的なタイプだと言えます。
先調子は先端に近いところで曲がり、当たりの反応が弱いために初心者には分かりにくいですが、繊細な当たりを知るには最適です。
このタイプはヒラメやカワハギなどの釣りによく用いられています。
胴調子は中央部分から曲がるもので、強い当たりでも衝撃が吸収されるので仕掛けが切れにくいのが特徴で、鯛や青物用によく用いられます。
また、扱い自体も比較的容易なので初心者ならばこのタイプを選ぶのが無難でしょう。
次に、竿の長さですが、長いと風に流されやすく扱いにくいものです。
昔は、短いものは硬くて柔軟性がないという欠点がありましたが、今ではそういった欠点も改良されているので短めのものを選ぶのが賢明でしょう。

釣り竿選びのポイントとは

老若男女問わずに釣りは誰にでも気軽に始められる趣味として人気がありますけれど、竿選びについて最低限覚えておきたいポイントもあります。
釣った経験があまりない初心者の方にしてみれば意外に感じられるかもしれませんが、竿は結構種類が豊富で選択を誤ってしまうと、釣りにくかったりせっかくの魚を取り逃がしてしまったりしやすくなります。
選び方のポイントとしてはいくつかあるのですけれど場所や目的の魚、購入予算などによって決めることが一般的です。
その違いによって磯ザオや前打ちザオ、ヘチザオにシーバスロッドなど選択すべき最適なアイテムが変わってくるのです。
もっとも初心者に適しているのは磯ザオであり、その理由は幅広い魚やスタイルに対応しやすい点があげられます。
知識やスキルが増し慣れてきたら自分の目的に合わせて様々なシーンに適したアイテムを使い分けるのがベストですが、どれを選んでよいかまったくわからないという方ならば磯ザオから購入されてみてはいかがでしょう。

『釣り 竿』 最新ツイート

@inada_h

それらを考えて、使う人にフィットした釣竿を作るのがWeb制作会社の最低限の役割だと思っています。鮒釣りの初心者にリール竿を作ったら流石にアンバランスです。 だから、使う人のことをよく知ろうとする姿勢がとても大切だと思うし、そもそも… https://t.co/eXJxcX7bU2

8分前 - 2021年11月27日


@novice_editors

正しい「竿の持ち方」とトラブルを防ぐ「道具の扱い方」【釣り入門講座vol.4】 - https://t.co/B3nCWE9xt5 https://t.co/fg1nd7yZZO

9分前 - 2021年11月27日


pickup


大阪 注文住宅


最終更新日:2020/7/1

copyright(c) 2009 「1から始める釣りガイド」 all rights reserved.